ホーム メルボルン観光> メルボルン動物園 Melbourne Zoo

オーストラリアで最も古い動物園。正式名称はRoyal Melbourne Zoological Gardens。1862年にロンドン動物園をモデルに建設されました。320種類、5,120頭の動物が生息しています。コアラ、カンガルー、ウォンバットなどのオーストラリアの動物や、ライオン、キリン、ゴリラなどの人気動物も見れます。メルボルンの街から電車かトラムで約20~30分と近く、家族みんなで楽しめる観光スポットとなっています。

9つのエリアを楽しもう

メルボルン動物園の地図 引用元: 公式サイト

園内は以下の9つのエリアに分かれています。全部見て回るのには3~4時間掛かるので、時間がない方は見たいエリアを選んでから行くと効率よく回れます。

1.Gorilla Rainforest

ゴリラ・レインフォレストにはゴリラはもちろん、マンドリルやキツネザルなどのサル目の動物が沢山います。ゴリラは隠れている事が多いので、見れたらラッキーです。

2.Trail of the Elephants

トレイル・オブ・ザ・エレファントは家族連れに大人気のエリア。タイ風の雰囲気で作られており、数匹の大きな象やトラの中で最小のスマトラトラがいる迫力満点のゾーンです。

3.Butterfly House

トレイル・オブ・ザ・エレファントの中にあるバタフライ・ハウス。ここは室内となっており、中に入ると数百種類の蝶が自由に飛び回っているガーデンになっています。手に蝶が止まったりと、珍しい体験ができます。

バタフライ・ハウス

4.Australian Bush

オーストラリアン・ブッシュ。コアラ、カンガルー、ウォンバット、エミュー、タスマニアン・デビルなどオーストラリアの動物を見たい人はこのエリアは必見。おすすめはモコモコした形のウォンバット。基本夜行性なので昼間は穴の中で寝ていることが多いです。

ウォンバット

5.Frogs & Reptiles

フロッグス・アンド・レプタイルス。ここは暗い部屋でカエル類と爬虫類の動物が見れます。オーストラリアは毒ヘビや毒グモなどで有名で、ガラス越しとは言え、ニョロニョロしたヘビを近くで見るのは勇気がいるかも。

6.Lion Gorge

ライオン・ゴージ。どの国の人もやはりライオンが好きなので、いつもこのエリアは混んでいます。ワニやトラもこのエリアにいます。

7.Wild Sea

ワイルド・シー。ペンギンやオットセイなど、見ているだけでリラックスさせてくれる可愛らしい動物が沢山います。また小さな水族館もあり、魚やタツノオトシゴなども見れます。

8.Growing Wild

グローイング・ワイルド。 ミーアキャットや巨大なカメがいるエリア。

ミーアキャット

9.Central Area

エリア名はないのですが、動物園の中心部には動物園の定番のキリンやシマウマがいるエリアがあります。小さくて可愛いレッサーパンダは必見です。

これらのエリア以外にもブランコや滑り台など子供が遊べるプレイエリア、日本風の庭園を再現したジャパニーズ・ガーデンなどもあります。

食べ物・飲み物のテイクアウトできるお店がありますが、他の場所と比べて値段が高いです。ローカルの人達は自分たちで用意して、芝生の上でピクニックな感じでランチをしている方々が多いです。

お土産屋さんも園内に数か所あります。動物のぬいぐるみ、衣類、チョコレート、クッキー、カレンダー、ペンなどの筆記用具など、日本の動物園で販売しているようなモノが沢山あります。

メルボルン動物園のお土産 引用元: 公式サイト

メルボルンには3つの動物園があり、すべてZoo Victoriaという団体が管理しています。メルボルンの西にあるウェリビー動物園(Werribee Open Range Zoo)ではバスに乗って広大な敷地を駆け抜け、間近で野生動物を観察できるアフリカ・サファリゾーンがあります。メルボルン東にあるヒールスビル・サンクチュアリー(Healesville Sanctuary)は野生動物の病院があり見学することができます。 オーストラリアの動物が200種類以上放し飼いにされており、近くで見たり触ったりできます。

メルボルン動物園 Melbourne Zoo

住所: Elliott Avenue
Parkville VIC 3052
電話番号: 1300 966 784
サイト: https://www.zoo.org.au/melbourne (英語サイト)
アクセス: 最寄り駅はロイヤル・パーク駅