ホーム イベント> リップカール・プロ

毎年四月にメルボルンのビーチで行われているWSL公認のサーフィン世界大会の一つ。WSLとはワールド・サーフ・リーグという世界プロサーフィン連盟。1961年に始まったこのイベントは世界で最も長く続いているサーフィンイベントです。メルボルン発祥のブランド「リップカール」がメインスポンサーを務めています。

1961年に始まったこのサーフイベントは、ベルズ・ビーチ・サーフ・クラシック (Bells Beach Surf Classic) という名前でスタートし、1973年にリップカールがスポンサーになってからイベントの名前が変更したとされています。



場所はメルボルンから車で約一時間半ほど南西に位置するグレートオーシャンロード沿いの町トーキーにあるベルズビーチ (Bells Beach) 。ベルズビーチはオーストラリアで最もサーフィンが楽しめるビーチの一つと知られています。高い崖と岩礁が多い浅瀬が高い波を押し寄せるため、サーフィンに最高のビーチとなっています。このイベントのメインスポンサーで、世界的に有名なサーフブランド、リップカールもトーキーが発祥地です。

男子部門、女子部門、16歳の新人サーファーの部門があります。

毎年イースターに行われている大会。リップカール・プロが開催中はトーキーの街で様々なパーティーやイベントが行われます。世界トップレベルの波乗りは迫力満点で、サーフィンが苦手な方でも楽しめると思います。